スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
さようならテレビ
ごくたまに、テレビをつけると
いつも端のほうに「アナログ」という表示がある。

また、
「アナログ放送終了間際になると工事が殺到し、
テレビが見られなくなる恐れがあります」
といった警告文が下のほうに出ていたりする。

これが邪魔くさい。
それでまた消してしまう。
新しいテレビだと、この表示がないのかな。

「テレビが見られなくなる恐れ」というのがよくわからない。
そんなに大変な事件なのか?
どうしてそんなに騒いでいるんだろう? テレビ業界は。

テレビが見られなくなったら、廃棄したい。
そういう家、結構あるのではないかな。
テレビが家にあることを忘れている人、
ほかにもいると思う。

実際よその家がどうなのか知らないけれど、
うちにある古いブラウン管のテレビは、
ほとんどビデオ,DVD専用機となっている。

NHKの受信も解約しなければ。
問い合わせ窓口に電話してみた。

すると…

「テレビはアナログなんですね。
ほかにテレビはお持ちでないですか?」

「ケーブルテレビのご契約は?」

「パソコンでテレビが見られるように
なっていませんか?」

「ワンセグなどご利用でないですか?」

と結構しつこい。

「20年以上前のテレビだから捨てるつもり」と
言ったら、納得してもらえた。
(ビデオ再生用にしばらく手元に置いておくけれど)


テレビって、そんなに大事なのかなあ?

あー、でも震災直後はテレビをつけたな。
それまでは、1カ月に何分つけただろうか。
高い受信料だった。病院のテレビカードのほうが安そうだ。


もうすぐ、うちのテレビは砂嵐になる。
スポンサーサイト
Posted by ばし
 
[未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。