スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
故 曽根陽一さんの写真展
先週、ルーニィで開催中の

故 曽根陽一写真展へ出かけてきました。

仕事でご一緒していた時期はいつだったでしょうか。

曽根さんは月例写真コンテストの審査を担当しており、
私はその立ち会いをしていました。

そのころ、私はモノクロフィルムで
自宅裏の森をよく撮っていました。

あるとき、曽根さんにプリントを見せてと言われて、
拙いプリントをお見せしたことがあります。

曽根さんは植物の写真に興味津々のご様子でした。

そして後日、冊子にされた『Breath』を
見せてくださいました。

なるほど、私も共感持って拝見しました。

さて、先日ルーニィでそのプリントを拝見したのですが、

印刷物とは雲泥の差です。

本当に美しいプリントでした。

というと印刷が悪いみたいに聞こえますが、

印刷の限界を見せつけられたのは確かです。
じんわりした独特の描写はプリントを見て気がつきました。

こういう写真を目の前にすると、

「写真はプリントで」という言葉に頷くばかりです。

写真を通して曽根さんとのいろんな思い出が蘇りましたが、
すべてが楽しい思い出なので、
曽根さんには心からありがとうと言いたいです。


ぜひたくさんの方に見ていただきたいと思います。

141027_bashi_soneten.jpg

故・曽根陽一写真展
「Breath」
10月21日(火)〜11月2日(日)月曜日休廊
12:00〜19:00(最終日16時まで)


スポンサーサイト
Posted by ばし
 
[未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。