スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
雨なので、読書
bashi_140612_01.jpg


お天気がいいと外へ出なきゃという気持ちになりますが、
雨の日、それもとくに仕事も予定もない時には
気持ちよく本が読めます。

久しぶりに手に取ったのは、『くまのプーさん』。
小学生の頃に読んで以来、書棚に眠ったままでした。
(しかもこの本は母が子どもの頃に読んだ年季の入ったもの!)

話の筋を忘れていたのですが、改めて読み返してみると
このお話は本当におもしろい!

筋やエピソードのおもしろさだけではなく、
キャラクター、セリフと対話、言葉づかいなど
つい声に出して笑ってしまったシーンもあります。
翻訳の石井桃子さんの優れた仕事にも負っているでしょう。

ディズニーがアニメ化していますが、
あちらはどんな感じなのでしょうか。

ディズニーアニメの独特な動きと
高彩度でどことなくプラスチッキーな世界観が、
私の感じるプーさん世界と齟齬があって
正直あまり興味が湧きません。

読んだことない方は、ぜひ岩波少年文庫版をおすすめしますよ。


bashi_140612_02.jpg

↑イーヨーがしっぽをなくしたことについてフクロのところへ相談に行ったプー。
フクロの言う「懸賞」という言葉がわからず、フクロが話の最中に咳をしたのだと思い込むシーン。
「懸賞!」が「ハクション!」と聞こえる?


スポンサーサイト
Posted by ばし
 
[日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。