スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
南極・北極科学館へ
11月に見送ったしらせが3季ぶりに昭和基地に接岸したというニュースを聞き、
かねて行ってみたいと思っていた南極・北極科学館へ出かけた。極地研内の公開施設である。

意外と小さな展示室。
先客は誰もおらず、しばらくは貸し切り状態だった。
しかし、ささっとまわって終わってしまうかと思えば、
意外と見ごたえのある展示内容で
閉館前まで2時間以上そこで過ごしてしまった。
少しずつ客は増えて混み合っていったが、その中で最も長くいた客だったと思う。

氷、雪、大気、オーロラ、生物、岩石、隕石など
極地での研究と実績を紹介した展示だった。
プラネタリウムのようにドームの天井にオーロラ映像を投影する「オーロラシアター」も面白い。


140125_bashi01.jpg

もらって帰りたいほど愛らしい雪上車。
コマツ製。めずらしい。
(ちなみに、ブログのトップ画像にあるブルドーザはコマツD155A。1970年代のもの)


140125_bashi02.jpg

顕微鏡でいろんな鉱物の組成を見ることができる。
やまと山脈で採集された隕石「Yamato-791195」(顕微鏡にカメラをつけて撮影)


140125_bashi03.jpg

南極海に生息するオオイチレツダコ。吸盤が一列しかないのが特徴だという。


140125_bashi04.jpg

北極に関する展示は控えめだった。ホッキョクグマとはこんなに大きいらしい。




スポンサーサイト
Posted by ばし
 
[日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。