スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
女性だけの写真展
今月、3度目の六本木へ。

今回は、富士フイルムフォトサロンで開催中の写真展
「女性だけの写真展」へ出かけた。
アマチュア女性の作品ばかりを集めた写真展で、
国内外さまざまな場所で撮った思い思いの力作を多数展示していた。
みなさんのあふれるエネルギーが伝わってきた。

その後知人と落ち合い一息いれてから、
霞が関へ移動して本展のオープニングレセプションへ。
一体何年ぶりの出席だろう。

パーティーでは、奇しくも先日取材で初めて知り合った方とお会いし、
また数ヵ月ぶりの方から数年ぶりの方とお会いした。
I氏とはもしかしたら10年近く顔を合わせていなかったかもしれない。
閉会後、I氏、U氏、Mさんと別のお店へ。

そんなことを言っているとよほど自分が引きこもっているかの
ように聞こえるが、ここ数年の間に会わなくなった人たちがいる
一方で、その間新しい付き合いも多少は生まれている。

しかし、子どものいる暮らしは、
遠出や夕方以降出歩くのがやはり困難。
特に夏は日没が遅いので、一番いい時間帯に散歩ができないのが惜しい。

女性だけの写真展に出品している方々は、
そんな時期を乗り越えた世代も多いようである。
思い切り羽を伸ばしている様子が写真からうかがえて、すがすがしかった。


【第36回女性だけの写真展】

2013年7月26日~8月1日
富士フイルムフォトサロン スペース1・2
六本木/東京ミッドタウン フジフイルムスクエア内

130727_.jpg

詳細「佐藤仁重 快晴堂フォトサロン






スポンサーサイト
Posted by ばし
 
[未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。