スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
著作権侵害騒ぎ
先日、ちょっとした問題が発覚した。


過去、絵を描いてお小遣い稼ぎをしていた時期がある。
もうはるか前のことになるが、
某出版社のカット集にイラストレーターとして参加した。

そのときに描いた絵が、
子どもの学校で配布されたお便りに載っていたのだ。

すぐには気がつかなかった。あまりに古い話なので。
「なんだか自分の絵に感じが似ているなあ…」
と思いながらじっくり眺めていたら、ようやく自分が描いたものだと認識。
別にこれは問題ではない。むしろ「感動の再会」だった!

あまりの偶然の再会に興奮して、
学校の先生に「これ○○社の本に入っていたイラストですよね!」
と話してみたところ、
見せてくれたのはなんと別の出版社から出ている類似書だった。

これにはびっくり。
当然奥付に私の名など載っていないから(載っていても問題)
無断転載だということが発覚した。

はっきり言って昔の話だし、別に絵も大したものでもないし、
権利主張したいわけではないのだが、
もしかしたらこの本、コピーだらけの違法書なのでは…という
疑いも持ったため
契約していた版元に「こんなことあったんですよ」とメールしてみた。

数時間後、電話がかかってきた。
反応の速さに驚いたが、出版社だって権利侵害されたわけだから
あわてて調べに動いたのだろう。

話によると、転載本の出版社は販売元であり
編集したのはまた別の会社(プロダクション?)だという。
そして、その編集元はもう倒産しているということだ。

繰り返しになるが、土下座しろ!とかそういう気持ちではないので
別にどうということはないのだが、
一体どの段階で無断転載されたのか
(編集者がやったことなのか、あるいはイラストレーターが「私の絵です」と
コピーして提出したのか)
を知りたかったことと、
それをやった本人に「あなたのしたことバレてますよ!」
と一言伝えたかったので、それは残念である。

もし、発売直後にこのことが発覚したら
どういう動きになったのだろうか。
私はチロルチョコ10個ももらったら許すと思うけど、
出版社側はそうはいかないだろう。
権利を持つ出版社も、知らずに転載本を売っていた出版社も
ともに被害者である。

ともかく、同業者としてひどく残念なものを見てしまったという気持ちだ。
今も同じことをやっていないことを祈るばかりである。

スポンサーサイト
Posted by ばし
  trackback:0
[日記
trackback URL
http://bashinote.blog.fc2.com/tb.php/371-6637ba67
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。