スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
新年号の「写真の仕事人」はデジスコ写真家です
本日、20日はこぞってカメラ雑誌が発売になる日です。
月刊誌は「1月号」となります。
早くも新年ムードが誌面で展開されています。
まだまだあわただしい師走ですが。

さて、『フォトテクニックデジタル』1月号
「写真の仕事人」では、
デジスコ写真家の石丸喜晴さんを紹介させていただきました。


PD2013-01.jpg


カメラ好きな方の間では
デジスコがどういうものなのかご存知の方が
増えてきていると思います。

35mm判換算にして
1000mm、2000mm…はては1万mmさえ可能な
デジスコの驚くべき超望遠システム。
それがどういうものなのか、今一度お知りになりたいかたは
ぜひご一読ください。
気になる画質も、掲載作品でご確認ください。

写真家の石丸さんは、
デジスコドットコムの社長さんでもあります。

これまで何人もの「写真の仕事人」にお会いしてきましたが、
その経歴はさまざまです。
特定の被写体を撮る方にお話を伺うこの連載ですが、
もともとその被写体に興味があったという方ばかりでは
ありません。
「たまたま最初の仕事が○○を撮る仕事だったから…」
という人もいますし、
「サラリーマン時代の業界経験から
その業界で写真を撮り始めた」という方もいます。

被写体への興味が先にあった方でも
「子どもの頃から好きだった」という方、
「大人になってからちょっとしたきっかけで
興味をもった」という方とがいます。

石丸さんはサラリーマンからの転向組でしたが、
そのサクセスストーリーについては
1月号をお手に取ってお読みいただければ幸いです。


…年末年始に突入する前に
2月号分も急いで書かないと。
2月号もイイ話、聞いてきましたよー。

では。

スポンサーサイト
Posted by ばし
 
[しごと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。