スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
診療室の写真
110214_bashi01.jpg
「1月 雪の朝」


歯医者へ出かけた。
診療室の壁に、ブルーの水中写真が飾られていた。
大きなマンタを見上げて撮影された写真だった。
水の外から太陽の光が射していて、美しい写真だった。

「ああ、水中写真ね。きれいだな」
そんなことをぼんやりと考えている自分をふいに省みて、
あることに気がついた。
それはとても当たり前のことだった。

誰もがどこかしらで一度は見たことがある水中写真。
だが、実際に自分の目でこの世界を確かめたことがあるかといえば、
潜ったことなどないという人が大多数だろう。

写真で見慣れていると「ああ、あれね」と
まるでそのものを知っていることのように思ってしまいがちだが、
実は知らないこと、見たことがないものが世界中に
数えきれないほどある。
これから先、実際にどれだけ生で見られるのか、
体験できるのかというとたかが知れている。

そう考えると、なんだか寂しく感じられたし、
けれども、今自分が体験していること、見ていることの
すべてが尊いものに思えてきた。

 
スポンサーサイト
Posted by ばし
 
[日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。