スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
地形図から送電線が消える
今日の朝刊の読者投稿で、
地形図から送電線の表示が無くなるということを知った。
すでに電子版の地図からは消えているという。

理由は、テロ対策など。

投稿は、山歩きをされる方によるもので、
現在位置を確認する上で地形図に記された送電線が
参考になるということを強調されていた。

私は別の理由でちょっと残念な思いがある。

10年以上前だが、小説『鉄塔武蔵野線』を読み、
それを真似て武蔵野線(注:鉄道ではない)をたどったことがある。
そのときに参考になったのが、ニゴマンズ。
1/25000地形図である。

自宅近辺にはいくつかの系統の送電線があり、
鉄塔も当たり前のように建っている。
それがどこを通っているかなど普段あまり気にしていなかったが、
地形図に記された送電線網は、かえって興味深く思えたものだ。

私は別に鉄塔マニアではないので、
美観や健康上の理由から
鉄塔や高圧線そのものが景観から消えるというなら賛成だが、
そのものが存在する以上、地形図には残しておいてもいいんじゃないかな…
と思っている。

111122_bashi.jpg


スポンサーサイト
Posted by ばし
 
[未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。