スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
年齢不詳
出先で寄り道して写真撮影していたときのこと。



出先と言ってもちょっと足を伸ばした程度なのだが、
農村地帯を散歩していると
地元の方の視線を感じることが多い。

よそ者だから?

そんな時は先に挨拶したほうがよい。

「こんにちは。田んぼがきれいですねー」

通りがかりのおばさんにそう言うと、
「こんにちは。カメラマンさん?」と聞かれた。

「いやあ…」と適当に答えていたら、

「大学生?」
とおばさん。

びっくりした。

学生でなくなってから10年以上経つが、
これまで嫌というほど道行く人に「学生さん?」と聞かれてきた。
ここ3、4年ほどはさすがにそんな機会も減ったなあと
実感していたところ、久しぶりにこう問われて
戸惑ってしまった。

これまでならば
「ええ、まあ」
と適当に答えるところだが、
最近はどうも無理があるような気がして
聞かれてもいないのに年齢を答えてしまった。

年齢隠す女性も多い中、
私の場合、進んで年齢を明かしてしまうことがよくある。

3年前に出かけたよその国では16歳だと思われた。
本当の年齢はその倍だったので、
なかなか信じてもらえなかった。

自分が年齢不詳のせいか、
年齢不詳の友人も多いせいか、
人の年齢を当てることもあまり得意ではない。

年が気になる人が何人かいるのだけど…。
聞いてみていいのかな?
スポンサーサイト
Posted by ばし
 
[散歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。