スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
ニコンD800E 試用中
今、ニコンD800Eを使っている。

このカメラ、
有効画素数36.3メガピクセルという高解像度ゆえに、
高度なレンズ性能を求められるとか少しのブレ(手ブレ)も
シビアに表現されてしまうとか言われている。
(ニコンHPの「D800/D800Eテクニカルガイド」参照)
話だけ聞くとひるんでしまうが
実際使ってみると緊張するようなカメラでもないとわかる。

「ブレが目立つ」という点については、
そもそもぶらさずに撮影できているのであれば、
ブレが目立つも目立たないも関係ない。
ぶれていないのだから(当たり前)。

カメラの性能がうまくブレをごまかしてくれていただけで
日ごろ自覚せずに手ブレをさせていたという人が、
D800(D800E)を使ってみて「あー、ぶれていた!」と
初めて気づくということはあるだろう。
それも、いつものカメラではブレに気づかなかったくらいなのだから
パソコンモニターで画像を拡大してようやくブレが発覚するという
程度だと思う。

私はというと、いつも手ブレには気をつけていたので
「やっぱりぶれていなかった」と胸を撫で下ろした次第。
そんなことよりも、D800Eの写すシャープな画像にはびっくりした。

下の写真は、散歩しながら気楽にシャッターを切った桑の木。
背面モニターで画像を拡大していくと、
細かい葉脈までくっきりと再現していて驚いた。
(うわ、気持ち悪!なんて言ってしまったが)
※105mm

120622_bashi.jpg

120622_bashi2.jpg



もっと下のクラスのカメラって
この程度の被写体のディテールはどのくらい描写できていたんだっけ?
うーん。どうだったかな。

よく写してくれてこりゃあいい、という絵柄もあれば
曖昧に写しておいてほしいな、という絵柄もあるだろう。
てんてん、ぶつぶつが苦手な私としては
このカメラで写すのが恐ろしい被写体もある。
・・・あ、カメラを絶賛するつもりだったのに。

このカメラの感想は「欲しい!」の一言で伝わるだろう。
(今はまだお借りしているだけのカメラです)

ブレが目立ちやすいカメラかもしれないが、
決して「ぶれやすい」カメラではない。
むしろぶれにくい部類のカメラだと思う。
というのも、腕を負傷中の私、
レンズを手で支えず、
肘に載せて撮っているのくらいなのだ。


スポンサーサイト
Posted by ばし
 
[未分類
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。