スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ばし
 
[スポンサー広告
トランペットリサイタル
ピアニストの堀家徳子さんにご案内をいただいて、
班目加奈さんのトランペットリサイタルへ出かけた。
堀家さんは本公演のゲストとしてピアノを演奏する。

トランペットの独奏と聞いて
自分がすぐに思い出せるのは、
「白鳥の湖」のナポリの踊り
あるいは、
某医薬品CMか
朝夕に自衛隊基地から聞こえてくる演奏
(あれって、「君が代」なんだってね)
そんなところだったのでトランペット曲がとても新鮮だった。
そして、
音も演奏者も、存在感があった。

音楽家たちのステージを見ていつも引きつけられるのは、
演奏しているときの表情。
役者が演技を見せるのとはちょっと違って、
自己満悦しているようにも見える。
もちろん聴衆を意識して演奏の姿を見せているのだとは
思うが、顔の表情もリズムを刻む身体も
作為ではなく本当に音楽を楽しんでいるようで、
見ていて気持ちがよい。
曲が終わり、演奏者の顔がふっとふだんの顔に戻る瞬間も
なんだか好き。

また、演奏者同士がスッと鼻息で合図を送るのも、
ライブ演奏ならではの味だと思う。
(しかし、これがCDに収録されたら耳障りな音かもしれない)

この日はハロウィーンということで、
出演者3名は、後半ちょっと変装しての登場。
ぜひぜひお見せしたいところだが
写真を撮ることはできないので、スケッチしてみた。
ちょいと荒っぽいけど…。
(トランペットの持ち方がいまいちわからない)

111031_bashi01.jpg


バイオリン(ゲスト)は早稲田桜子さん。
今にも踊り出してしまいそうなくらいノリノリで、
柔らかい笑顔も魅力的!
思えばバイオリン演奏の所作は踊りそのもの。
体の表現も聴衆を引きつける大事なキーかもしれない。

私の好きなバイオリン曲も聴けて、嬉しかった。

ピアノはこうした楽器のバックで演奏するので、
パフォーマンスとしては目立ちにくくなるが、
ずっと演奏しっぱなしの伴奏者だったりするので、
重要な存在だ。

尖ったしっぽがちょろりと見えて、
さりげない小悪魔風の姿もお茶目な堀家ピアニストだったが、
本公演ではピアノの見せ場もちゃんとあり、
かっこいい姿を見せてもらった。




スポンサーサイト
Posted by ばし
 
[日記
ハロウィーン
スーパー、雑貨屋、レストラン、
いろんなお店にハロウィーン商品が並んでいるが、
近隣でハロウィン行事は一体どのくらい行われているのだろうか。

子どもの頃、アメリカに住んでいたことがある。
ハロウィーンはとっても楽しいイベントだと思った。
よその家へ行ってお菓子がもらえるのだから。
学校や地域の仮装行列も楽しかった。

変装グッズは既製品も売られていて、
映画や漫画のキャラクターに扮する子たちも多かったが、
親の精一杯の創意工夫が見られるのも面白いものだ。


111030_bashi004.jpg
ただのエジプトの人みたいだが、ここから顔を塗ってガイコツに扮する予定。


111030_bashi003.jpg
24年後、かな。


111030_bashi002.jpg
29年後?


111030_bashi001.jpg
またまた29年後


Posted by ばし
 
[未分類
おおきいもり ひろいはやし
111030_bashi.jpg

日暮れが近くなったころ、
子どもと川の近くへ出かけた。

9月の台風でずいぶん流れが変わっていて
驚いた。
手前の河原がなくなり、向こう岸が削られている。

子どもがコンクリートブロックに
拾った炭で漢字を書き始めた。

「おおきいもり」「ひろいはやし」と言いながら
大、森、広、林、日、本
などと書いている。
のどかな言葉。

111030_bashi01.jpg

漢字など教えていないのに、いつの間にか
書ける漢字が増えている。

「その字、いつ覚えたの?」と聞くと
「この間ママに教えてもらった」などと言う。

なるほど、私の記憶力の衰えも同時進行らしい。

文字も数字も、ある程度までは自然習得してくれる。
子どもとはそういうものらしい。
Posted by ばし
 
[日記
かくれんぼ
草っぱらを一歩進むごとに、
足下でいろんな虫が跳ねる。

よく周囲に馴染んでいるなあと感心する。

111028_bashi02.jpg

111028_bashi01.jpg


Posted by ばし
 
[散歩

thema:昆虫の写真 - genre:写真


写真屋さん
ときどき写真屋さん業をやっている。
出張撮影と受注。

今、その振り分け作業を行っている。
地味ながら時には楽しいもの。

111028_bashi.jpg


さてどのくらい注文があったかな~
と封筒を受け取るときは結構ドキドキするもので、
その枚数よりも内容のほうがいつも気になる。

「あー、これぜひお見せしたい写真だったんだー」
と思惑通りの注文に喜ぶこともあれば、
端っこの方にたまたま写ってしまっただけの人が
写真を注文してくれて
ちょっと申し訳ない気持ちになることも。
一方で、カメラ目線でばっちり写った人の注文がないこともあるから、
なかなか予測がつかない。

私の撮り方はあまり効率がよくないと思う。
一人のアップは好んで撮るし、
後ろ姿や部分などもつい撮りたくなる。
ほとんど「点景」という程度に風景の中に人を置いたり
することもある。
こうした写真は、写っている本人が注文してくれなければ、
無駄になる。

でも、撮る側としてはこっちの方が面白いんだよね。

一般的な写真屋さんはもっと注文率が上がる
撮り方をしているようだ。

ほどよい人数を一枚の画面に収めて、
レンズは適度に絞る。
シャッターチャンスはあまり考慮していない。
もちろん、押さえるカットは押さえているが
漫然としたカットも多数。

どちらの撮り方がよいとははっきり言えない。

私は結局、いろいろと撮っておく。

そうすると、いざサンプル出しの段階で悩むわけである。

後ろ姿だし、買わないよな~
でも雰囲気いいんだよね~
見てもらうだけでも構わないから見本だけ出しておこう。

…そんなつもりの写真だったのに、
意外や意外、注文してくださる方たちがいた。

111027_bashi02.jpg
ペットボトルのキャップにあたたかいメッセージ。感動した。


アルバムを編集するときには
こうしたカットも織り交ぜておくとよい。
いわば「捨てカット」の部類だが(嫌な言い方)、
ストーリーのあるアルバムになる。
この写真を注文された親御さんはセンスある方だと思う。

111027_bashi00.jpg

192.jpg

111027_bashi03.jpg
後ろ姿ばかりというのもフラストレーションがたまる。

Posted by ばし
 
[日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。